集中力を生む1分間妄想法

先日読んだ本の中に「なるほど」と思ったのでちょこっとメモしようと思います。

勉強を楽しくするためには心と体が勉強の準備をする必要があり、一番効果的で簡単なのが瞑想という事です。

meditation-1287207_1920

そして瞑想には3つのポイントがあり

 

  • 正しい姿勢

瞑想するからといって固有のポーズをとる必要はなく楽に座るだけでもよい。重要なのは背筋をのきちんと伸ばす事。また瞑想する時は必ず座る必要もなく、静かに歩きながら瞑想してもよい。

 

  • 深い呼吸

腹式呼吸で下腹から息を吸い込み少し止めてゆっくり吐く事。

自律神経を調整する唯一の方法が呼吸の調整であり深呼吸を数回すれば心が落ち着く。呼吸を調整するとセロトニンが分泌されて集中力が上ります。

 

  • 意識の集中

何に集中しても問題なく、最初は呼吸に集中すればよい

雑念が思いうかんだらそのままにするのがよく川辺にたって川の流れを見るように考え、自然に流れる用に放置する事。

 

瞑想を行うと悩み、葛藤、雑念などの新皮質の活動が抑えられ辺縁系の記憶力、集中力が上りセトロニンの分泌が促進され脳が勉強する準備を整えるそうです。

またアドレナリンとノルアドレナリンの分泌が調整され落ち着く事も出来るという。脳科学の実証的な結論でもあるそうなので是非お試しあれ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です